First

州デンタルオフィスの診療の流れ

カウンセリングとは、患者さんのお口の状態を考慮し、お話をうかがうことでご満足いただける治療は何なのかをじっくり見つけていく作業です。患者さんの気持ちを最優先にした歯科診療をご提供するため、たまプラーザ駅から徒歩2分の歯医者「州デンタルオフィス」ではカウンセリングを大切にしています。こちらでは、そんな当院の診療の流れをご紹介します。

初診からメインテナンスまでの流れ

問診・カウンセリング・資料採集

通院に至ったお口のお悩みについてくわしくお話をうかがいます。治療に対するご要望などがありましたら、何でもお聞かせください。まず、問診をふまえて視診を行います。痛みがある、出血しているといった場合は先に応急処置を行います。

問診・カウンセリング・資料採集

精密検査

必要に応じて精密検査を実施します。カウンセリングの内容にもとづいて、通院に至ったおもな理由や問題がある箇所、そしてお口全体に影響があるかどうかなどをチェックします。

精密検査

コンサルティング1

精密検査の結果をもとに、具体的な治療計画を立てます。できるだけご希望に沿えるように、治療計画は最大3案ほどご提案し、それぞれについて特徴やメリット・デメリットなどを丁寧にご説明します。

コンサルティング1

コンサルティング2

当院ではインフォームドコンセント(説明と合意)の考え方を大切にしており、患者さんにご納得いただくことがより良い治療につながると考えています。ご提案した治療計画についてわからないことなどがありましたら、さらにご説明いたします。

コンサルティング2

クリーニング

治療開始の前に、お口の中をクリーニングします。口腔内を清潔な状態にしておくことが、お口の健康維持の基本です。

クリーニング

治療

ご同意いただいた治療計画にもとづき、治療を進めていきます。できるだけ痛みを抑え、できるだけ歯を削らず、できるだけ歯を残せるような治療をご提供しています。

治療

PMTC

計画に沿って治療が終了したら、お口の中を清潔にするためのPMTCを行います。PMTCは、口腔ケアのプロである歯科衛生士による専用機器を用いた歯のクリーニングです。ブラッシングでは落とせない頑固な汚れや着色汚れもきれいにできます。

PMTC

メインテナンス

患者さんのお口の状態に合わせて、3~6ヶ月ごとにメインテナンスを行います。お口のトラブルを再発しないように、予防に努めて健康を維持しましょう。

メインテナンス